マンション・家の売り時、タイミングは?

多くのマンションが売りに出されていますよね。
不動産情報誌を見れば、マンションだけでなく、アパート、一戸建てなど一軒家など多くの中古不動産が売りに出されています。

そもそも、人がマンションなど住居を売却するのはどのようなタイミングなのでしょうか。
それを知ることで、今現在は住居を売るつもりがない人であっても、どのような時に売却を検討することになるのか、自分事として考えることができるようになると思います。

マンション売却は、住み替えのタイミングがほとんど。

マンション、戸建てのなど家の売り時ですが、これは住み替えのタイミングというのが圧倒的に多いです。
具体的にいうと

  • 仕事で転勤することになって、転勤先の地域に住む必要が出てきた場合
  • 結婚し子供ができたことで、今の住居が手狭になってきた場合
  • マンションのメリット以上に一戸建てのメリットに魅力を感じ始めた場合
  • 逆に一戸建てのメリット以上にマンションのメリットに魅力を感じ始めた場合
  • お金に余裕が出ていたので、今のマンションよりもグレードの高いタワーマンションに住みたいと感じた場合

などが住み替えの主な理由になってくると思います。

マンションを高く売る方法として、「不動産一括査定サービス」を活用することは知られていますが、それ以外にも、早めに不動産会社に売却を依頼することもとても効果的です。

早めに不動産を売りに出すことは、それだけ売却期間を長くすることにつながります。
余裕を持ってマンション・不動産を売りに出せるので、希望に近い金額で売れる可能性が高くなるからです。
逆に、マンションを売りたい期間までの日数が短ければ短いほど、売却希望の金額を引き下げなければならないケースも出てくるでしょう。

このように、不動産売却はできるだけ早めに動くことが効果的ですので、多くの人が売りに出すタイミングを理解しつつ、その状況が自分に訪れたときに早めに対応できるようにしておくことが大事だと思います。

相続もマンションを売却する大きな理由の一つ

また近年、相続で親から引き継いだマンション、一戸建てを売却するケースも増えてきています。

理由は大きく二つあります。
一つは、自分の住んでいる地域と相続したマンションの距離が離れている場合、そこに住むことが事実上困難である場合です。
確かに両親から相続したマンションが静岡になるのに、自分自身は大阪でサラリーマン生活している場合、そこに住み続けることは困難ですよね。

こうした場合、マンションを持ちづづけていても税金がかかり続けるだけですので、マンションを売りに出すケースが多くなります。

そしてもう一つは、相続対象者が複数人いる場合です。
例えば、3人兄弟だった場合、相続したマンションにみんなで住むことは難しいですし、3等分するわけにもいきません。

こうしたケースでは、相続したマンション・アパートなどの不動産を売りに出し、売却できた金額を相続対象者でわけるケースが多いようです。

こうした場合も、相続対象者全員が満足するためには、できるだけマンションを高く売ることがポイントになってくるため、「不動産一括査定サービス」を利用し、その中でも信頼できて、高い査定額を提示してくれる不動産会社を見つけることが重要になってくると思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ