マンション住み替え・買い替えのポイント

マンションの住み替え・買い替えは、マンションを売る際のもっとも多い理由にランクインしています。

具体的に見てみると

  • 転勤で夫の勤務地が遠くになったので、マンションの買い換えを検討している
  • 結婚して子供が生まれたタイミングで、マンションを売って一戸建てを買おうとしている
  • 二世帯住宅や三世帯住宅の戸建てに住み換えたいと考えている

といった理由が、不動産買い替えの一例としてあげられるでしょう。

そんなわけで、マンション住み替え・買い替えで失敗しないためのポイントについてまとめてみました。

マンションは高く売る

当たり前かもしれませんが、マンションを売るときには「出来るだけ高く売るためにはどうしたらいいか」をもっとも重要視するべきでしょう。

なぜならば、新たな住居を買い換えるための費用が必要になってくるからです。

例えば、今住んでいるマンションを売って、新たに庭付きの一戸建てを購入しようと考えている場合、その新居が5000万円だったとすると、今住んでいるマンションの売値が4600万円であれば、新居購入のため新たに400万円の資金が必要ですが、マンションが5100万円で売れた場合、売却金額内で購入予定の一戸建てを手に入れることができます。

実際には、売却金額には税金や仲介手数料などがかかりますし、新築一戸建てにも消費税がかかるため、上記と全く同じようにはいきません。ですが、今住んでいるマンションなど不動産が高く売れれば売れるほど、買い換えの時の負担額は楽になるはずです。

そのためには、相見積もりをとることがとても重要になってきます。
相見積もりとは、複数の不動産会社から見積もりをもらって、それぞれの査定額を見比べることです。

複数の不動産会社に見積もりをもらうとわかりますが、不動産業者間で数百万単位で買取査定額が異なることが少なくありません。
中には、業者間の見積額が500万円以上異なる場合もあるそうです。

そこで大事になってくるのが、不動産一括査定サービスです。

相見積もりを取らず、マンションやアパート売却後に後悔するよりも、不動産一括査定サイトで、他社よりも高い査定を出してくれて、なおかつ信頼できる不動産会社に売却を依頼することが大事になってきます。

一括査定サービスの利用料はどれも無料ですので、安心して活用してみてください。

  • 不動産売却一括査定「イエウール」

    イエウール

    マンション買い換えの人におすすめなのが、不動産売却一括査定サービス大手の「イエウール」イエウールは大手の不動産一括査定サイトで、提携している不動産会社の数は日本国内で900社以上になります。
    イエウールに登録することで、有名な大手不動産会社から、地元密着系の不動産会社まで、最大6社に一括査定依頼ができます。
    査定額は、業者間で500万円も差が出る場合もあるので使わない理由がありません。
    少しでもマンションを高く売って、新居の購入費に充てるためにも、イエウールの不動産一括査定サービスの利用をお勧めします。

  • イエイ不動産売却査定

    イエイ不動産売却査定

    サイト利用者からの顧客満足度が97%を誇る不動産一括査定サービスのパイオニアである「イエイ」。
    マンション買い換えを考えている人からの人気や信頼度も高いです。
    査定依頼も必要最低限の入力でシンプルで加盟している不動産会社約1000社の中から最大6社から査定がもらえます。不動産一括査定サイトをいくつか利用する場合、候補の1つに必ず入れておくべきサービスの1つになります。

  • SBI不動産一括査定

    SBI不動産一括査定

    SBIグループが提供する「SBI不動産一括査定」は、大手ならではの安心感で、運営歴も8年あり、信頼感もあります。
    もちろん、不動産住み替えの人の利用者も多いです。
    サービスの利用料は無料なので、一括査定依頼の方法も、他の一括査定サービスとほとんど同じなので、マンション、戸建てなど不動産査定の際には、「SBI不動産一括査定」もぜひ活用してみてください。

  • 不動産査定「スマイスター」

    不動産査定「スマイスター」

    サービス開始からのトータル査定件数がなんと10万件を突破しているという、不動産売却一括査定サイトの「スマイスター」は、最大6社の不動産会社からの査定をもらえます。
    不動産住み替えを考えている人にとって、一括査定サービスは不可欠なサービスになってきますので、他の一括査定サービスと併用して活用されることをお勧めします。。

  • 無料不動産査定「オウチーノ」

    無料不動産査定「オウチーノ」

    早く高く売りたい人のための、無料不動産一括査定サイト「オウチーノ」。
    もちろん、不動産買い換えを考えている利用者の数も多いです。
    大京、センチュリー21など全国の有力不動産会社450社が提携しており、2015年現在約180万人の利用実績数を誇っています。
    不動産住み替えを考えている人にとって、一括査定サービスは不可欠なサービスになってきますので、他の一括査定サービスと併用して活用してみてください。
    他の査定サイト同様、パソコンからでもスマホからでも1分程度で査定依頼ができます。

新築物件に買い換えの際は消費税に注意!!

マンション住み替え・買い替えの際に気を付けなければならないポイントとして、消費税があります。
新築マンション・一戸建てなど新築物件の購入には、消費税がかかります。

消費税など税金の納税は義務であるため、もちろん支払わなければなりません。
ポイントは、2014年現在消費税増税のまっただ中にいるということです。

ご存じのように、2014年4月に消費税が5%から8%に上がりました。
そして、現在のところこの8%の消費税が2017年4月に10%に引き上げられる予定です。

マンション、一戸建てなど数千万円の買い物となると、この数パーセントの消費税の増税がボディーブローのように効いてきます。
仮に購入予定の不動産が5000万円だとすると2%上がっただけで、100万円余計に納税しなければならないということになります。

以上が、マンション住み替え・買い替えのポイントになります。

不動産の住み換え、買い替えを考えている人は、可能であれば消費税増税前に購入しておいた方が良いでしょう。
その際には、一円でも高く不動産を売るために、当サイトでおすすめしている「不動産一括査定サイト」を活用してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ