不動産売却時に発生する仲介手数料

不動産売却時に発生する仲介手数料不動産売却時に発生する出費として、仲介手数料があります。
仲介手数料は、不動産売却が成約した時に、不動産仲介会社に支払う手数料のことです。

具体的に、どのぐらいの仲介手数料がかかってくるのか、気になりますよね?

成約価格が400万円を超える場合ですが、仲介手数料の上限は
「成約価格の3%+6万円」
となります。

ちなみに、税込の不動産売買価格が、
200万円以下の場合、仲介手数料は「成約価格の5%」
となり、税込の不動産売買価格が、
200万円より大きく400万円以下の場合、仲介手数料は「成約価格の4%+2万円」
となります。

詳細については、媒介契約を結ぶ際に、不動産会社に確認してみてください。

仲介手数料をめぐる問題点

仲介手数料をめぐる問題点として、最近社会問題となっていることに、「不動産物件の囲い込み」があります。
不動産仲介手数料欲しさに、「買い手」と「売り手」両方から仲介手数料をもらう「両手仲介」を意図的に狙うケースです。

詳しく見ていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ