不動産競売が恐ろしい結末に、、損失は最小限に!

不動産競売が恐ろしい結末に、、損失は最小限に!結論から言うと、何があっても不動産競売で家を手放すことだけは避けましょう。

不動産競売は、住宅ローンの残債を払えなくなった結果、債権者が裁判所に競売の申し出を行うことで開始されます。

競売で家を落札されると、市場価格をかなり下回る価格で売られてしまうことになります。

これは知人から聞いた話ですが、5000万円の住宅をローンで購入した方が、わずか数年後に、4500万円ほどの残りの借金を返済することができずに、家を競売にかけられたそうです。

その時に競売で落札された金額が1500万円程度。

結局のところ、4500万円から1500万円を差し引いた3000万円もの借金をその方は抱えることになったそうです。

後から調べたところ、その中古マンションはその時の市場価格的に約3,000万円程度の価値はあったそうなので、もし競売でなく通常売却をしていれば、借金は半額の1500万円で済んだことになります。

このように、ただでさえ、お金がなくてローンが支払えない状態なのに、そもそもの住宅があり得ないほど安い価格でしか売れなかったら、後には巨額の借金だけが残ってしまうことになります。

どちらにせよ、家を売った後も住宅ローンが残るのであれば、住宅ローンの残債(借金)はできるだけ少ない方が良いですよね。

つまり、住宅ローンが払えずに家を手放すのであれば、できるだけ家を高く売ることが何よりも重要になってくるというわけです。

競売ではなく、通常売却を目指そう

たとえ、住宅ローンが払えなくなったとしても、通常売却による清算方法も残されています。

家やマンションなど、不動産を購入する際、ほとんどの方が住宅ローンを組むと思います。

不動産は大きな買い物ですし、ローンではなく現金で全額支払うほどのお金持ちはごく少数だと思います。

その結果、

サブコンテンツ

このページの先頭へ