事故物件を高く売る方法

事故物件を高く売る方法事故物件は通常の物件と比べると確かに売れにくいのは事実です。
ですがそんな中でも、事故物件を少しでも高く売る方法についてご紹介します。

そもそも事故物件といっても、何か明確な定義があるわけではありません。
ただ一般的に不動産関係で事故物件という場合、何らかの理由で人が亡くなるケースがほとんどです。
例えば


  • 建物内で人が自殺した場合
  • 建物内で人が殺害された場合
  • 火災による焼死や感電死、水死、凍死などで死体が発見された場合
  • 病気や老衰による孤独死などにより、長期間ご遺体が発見されず腐乱した場合
  • その他何らかの理由による死亡(不審死や事故死など)

など、物件の敷地内で死体が発見された場合、事故物件扱いとなります。
確かに、事故物件は同条件の無事故物件と比べ、どうしても安い価格で取引されてしまいます。
ですが、そんな中でも1円でも高く事故物件を売るためには、下記におすすめする「不動産一括査定サービス」の活用が最もお勧めです。
提携している不動産会社が多数あるため、その中でも最も高く事故物件を査定してた不動産会社にアプローチするのが最初のステップになってくると思います。

事故物件を高く売るためにおすすめの「不動産一括査定サービス」

  • 不動産売却一括査定「イエウール」

    イエウール

    イエウールは大手の不動産一括査定サイトで、「事故物件を少しでも高く売る」ために不可欠のサービスです。
    イエウールと提携している不動産会社の数は日本国内で900社以上にもなり、イエウールに登録することで、有名な大手不動産会社から、地元密着系の不動産会社まで、最大6社に事故物件の一括査定を依頼することができます。
    不動産は私たちにとって大きな資産です。
    事故物件の売却で損しないためにも、イエウールの「不動産一括査定サービス」の利用をお勧めします。利用料は無料で、登録はわずか1分程度で完了します。

  • イエイ不動産売却査定

    イエイ不動産売却査定

    サイト利用者からの顧客満足度が97%を誇る不動産一括査定サービスのパイオニアである「イエイ」ですが、「事故物件を高く売りたい」多くの人から利用されています。
    提携している不動産会社は、大手から地域密着系の会社まで全国1,000社を超えています。
    事故物件査定依頼のフォームも必要最低限の入力とシンプルで、最大6社から査定がもらえます。
    事故物件を売る場合、「不動産一括査定サイト」を複数利用するケースも多いと思いますが、「イエイ」もその候補の1つに必ず入れておくべきサービスの1つになります。

  • SBI不動産一括査定

    SBI不動産一括査定

    「SBI不動産一括査定」は、SBIグループが提供するサービスなので、まず大手ならではの安心感があります。
    運営歴も8年あり、信頼感もあります。
    一括査定依頼の方法も、他の一括査定サービスとほとんど同じなので、事故物件の売却査定の際には、「SBI不動産一括査定」もぜひ活用してみてください。
    もちろん、サービス利用額は他のサービス同様「無料」です。

  • 不動産査定「スマイスター」

    不動産査定「スマイスター」

    不動産売却一括査定サイトの「スマイスター」では、最大6社の不動産会社からの事故物件売却額の査定をもらえます。
    査定額は業者間で10%程度前後するため、他の不動産一括査定サイトで査定をもらった後で合っても、この「スマイスター」でもアイミツを取ってみると、より納得できる事故物件の査定をもらえる可能性が高まります。

  • 無料不動産査定「オウチーノ」

    無料不動産査定「オウチーノ」

    「事故物件を早く高く売りたい人」のための、無料不動産一括査定サイト「オウチーノ」。
    大京、センチュリー21など全国の有力不動産会社450社が提携しており、2015年現在約180万人の利用実績数を誇っています。
    他の査定サイト同様、パソコンからでもスマホからでも1分程度で事故物件の査定依頼ができるため、多くの不動産会社から査定をもらって、じっくり見極めて任せる不動産会社を決めたいという方は、利用する一括査定サイトの一つとして、是非活用してみてください。

事故物件の割引率は死因によって変わる

こうした事故物件は、別名「ワケあり物件」とも呼ばれています。
ワケあり、つまり「いわくつき」物件というわけです。
こうした「ワケあり物件」は、通常物件と比べ、安く売られたり、安い賃料になっているケースがほとんどです。

ただしこうした「訳アリ物件」は「亡くなった理由」によって割引率はかなり違ってくるようです。
例えば、死因が「孤独死」や「自然死」だと通常物件の1割引の価格であったり、「自殺」であれば2割から3割引きの価格であったり、殺人など犯罪に巻き込まれた他殺の場合は、通常の半額ほどの価格に割り引かれるケースが多いようです。

いずれにしても、ワケあり事故物件を高く売るためには、多くの不動産会社から査定をもらう必要があり、そのために欠かせないサービスが、この「不動産一括査定サービス」になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ