オートロックのマンション、前の人に続いて入ってもOK?

現在は、賃貸・分譲関係なく、ほとんどのマンションにオートロックシステムがついています。

マンションのオートロック機能とは、共用部のマンションエントランスに設置されており、勝手に外部の人間がマンション敷地内に立ち入ることができないようにするためのものです。

外部の人間がマンション内に立ち入る際には、インターフォンなどで住人が訪問者を確認した後に、オートロックを解除するという仕組みでセキュリティを確保しています。

そんなオートロック機能付きのマンションですが、物理的には、前の人が解除したオートロックに続いて入ることで、後ろの人も簡単にエントランスから入れてしまうんですよね、、

面倒だと思っても一人ひとりがオートロックのルールを守ることが、マンションに住んでる全ての人の安全を守ることにつながるのだと思います。

前の人が解除した扉に続けて入るのはルール違反?

みなさんが住んでいるマンションのオートロック機能は、セキュリティカードをかざして解除するタイプでしょうか?

暗証番号を入力して、自宅のカギを挿入して解除するタイプでしょうか?

いろんなタイプのオートロック付きマンションがありますよね。

いずれにしても、オートロック付きマンションの住人としては、最低限のマナーとしてはまず下記を徹底する必要があります。

  • 「前の人がオートロックを解除しても続いて入らない!」
    ※扉が閉まるまで待たなくていいので、「住人であることを証明するため」明示的にロック解除のための操作をする。

オートロック機能付きマンションに住んでる人は誰でも経験があると思いますが、自分が解除したエントランスの扉を、後ろにいた人が間髪入れず続いて入ってくると、ほんと不愉快ですよね。

違法ではないかもしれませんが、他人に対して不安な感情を与えてしまうことは間違いありません。

オートロック付きで防犯面で安心できるマンションだと思って購入したのに、オートロックを無視して(ズルして)すり抜ける住人がいるので、全然防犯対策になっていないというわけです。

後ろから入ってきた人がマンションの住人かどうかは、前の人には知るすべがありません。

隣接している部屋で顔見知りでない限り、同じマンションの住人であっても、ほとんどの人が見知らぬ他人なのが現状です。

そのマンションの住人かどうかを判断する基準は、「オートロックを解除できる人かどうか」で判断するしかないのです。

帰宅時間的に、マンションに入る人が多い時間帯だったとしても、「前の人が解除したエントランスを、後からしれーっと続きて入らないように」マナーとして徹底したいところですね。

長く住む分譲マンションでは特に他の住人からの目を気にすること!

マナーがなってない人は、非常識な住人ということで、それとなく噂が立ちます。

分譲マンションは、役員や防災担当など持ち回り制ということもあり、どこになんという名前の人が住んでいるか共有されているものです。

「あいつ、いつも他人が解除したエントランスを何食わぬ顔で潜り抜けるけど、本当にこのマンションの住人かよ? ムカつく野郎だ。」

というあらぬ疑念をかけられ、マンションのデータベースで名前を調べられた挙句、グーグル検索、フェイスブック検索されないとも限らないため、

「同じマンションの住人は、想像以上にお互いにかなり厳しい目で監視されている」

ということを頭の片隅に入れて、分譲マンションなど、そのマンションに長く住む予定の人は特に、変な噂を立てられないように、模範的な行動を意識的に取るようにしましょう。

他人は自分が思っている以上に、他人の言動に敏感に反応するものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ