オーバーローンで家が売れない!【任意売却のすすめ】

オーバーローンというのは、家を売った代金をもってしても、住宅ローンの残債を返せない場合のことを言います。

厳密にいうと、「家の売却代金」から「仲介手数料」や「諸経費」を差し引いた金額が、住宅ローンの残額を上回っていない場合オーバーローンになりますが、この場合、そのままでは家を売ることができません。

住宅ローンの残債が残っているということは、銀行などの債権者からの抵当権が付いている状態の物件ということになります。

そのような、債権者の抵当権がついたままの担保物件を買いたいと思う人はいないので、家を売ることができないというわけです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ