ホームレスは住民税も固定資産税も払わなくていいの?

ホームレスは住民税も固定資産税も払わなくていいの?日本国憲法を紐解くまでもなく、日本国内で生きている以上、その全員に納税義務があります。

ただし、「全ての国民に納税義務があること」と「全ての国民に課税できること」とは全く別の話になります。

何が言いたいかというと、ホームレスからは物理的に税金を徴収することが出来ないんじゃないかと疑問に思う人も多いと思うんですよね。

だって、家がないので固定資産税は徴収しようがないし、住民税にしたって公園や河原で生活しているホームレスにどうやって課税したらいいのかよくわかりません。

もしホームレスが全ての税金から逃れられるのであれば、薄給にもかかわらず死ぬ気で納税の義務を果たしている日本国民からすれば、不公平だと思う人もきっと多いと思います。

実際、ホームレスになりさえすれば、全ての納税の義務から解放されるのでしょうか。

1.ホームレスからは固定資産税や住民税は徴収しようがない

先述した通り、家がないホームレスからは、「固定資産税」や「住民税」などの税金を徴収しようがありません。

そもそも、「固定資産税」は土地や家屋などの所有にかかる税金なので、不動産を所有していないホームレスは課税対象ではありませんし、個人の所得に対する税金である「住民税」にしても、働いていないホームレスには所得がないため、住民税がかからないため、課税対象外となってしまいます。

ただ、実際にはホームレスであっても、アルミ缶を集めてお金に換えたり、少年誌や週刊誌など雑誌を拾い集めて路面で売ることで1日に5000円近くの収入を得ている人も少なくないのが現実です。

収入を得ているのだから、住民税の納税義務は発生しますし、所得税だって課税対象になってきます。

ですが、定住する住処がないホームレスに対して住所を特定することができない以上、税金を徴収することが物理的に出来ないというのが現状になってしまいます。

2.ホームレスが納税する税金は消費税ぐらい

ただ例外的にホームレスであっても、間接的に納税しなければならない税金がただ一つだけあります。

それがモノやサービスを「消費」したときにかかる税金である「消費税」ですね。

ホームレスだって、何かを食べないことには生活できませんから、多くのホームレスが雑誌を売って得た日銭で食料品を日常的に購入します。

消費税は、商品を買った瞬間、追加で徴収される間接税ですので、ホームレスもコンビニやスーパーで食料品を購入した時点で消費税を払ったことになるのです。

ただ逆に言うと、ホームレスが納税しているのは消費税位で、それ以外のほとんどの税金については納税していないということになります。

3.

サブコンテンツ

このページの先頭へ