マンションの向きは東西南北どっちがおすすめ?

マンションの向きは東西南北どっちの方角がいいのかで悩む人は多いようです。

選び方のポイントとしては、東向き、西向き、南向き、北向きそれぞれメリットとデメリットがあるため、それぞれの良い点悪い点を理解したうえで、どの方角の部屋が自分にとって最適か選ぶのが良いでしょう。

南向き物件のメリットとデメリット

南向き物件のメリットとしては、日照時間が長いというのが最初に考えられるでしょう。

冬でもポカポカで洗濯物が乾きやすいですよね。

反対にデメリットとしては、窓際に置いている家具にずっと直射日光があたることになるため陽に焼けやすいことはあると思います。

東向き物件のメリットとデメリット

東向き物件のメリットとしては、太陽は東から上るため、明るい日差しを浴びて朝を迎えることができるということがあります。

洗濯物も午前中に乾かせますね。
午前中布団も干すことができます。

反対にデメリットとしては、午後からは日が当たらないため、冬場などは寒くなりやすいということがあります。

西向き物件のメリットとデメリット

西向き物件のメリットとしては、太陽は西に沈むため、午後の日照時間が長いことがあると思います。

反対にデメリットとしては、東向き物件とは反対に午前中は日が当たらないため、冬場などは寒くなりやすいということがあります。

位置的にメリットとデメリットは東向き物件と逆になります。

北向き物件のメリットとデメリット

北向き物件のメリットとしては、直射日光を受けにくいので、室内の家具や壁紙が日焼けしにくいということがあるでしょう。

反対にデメリットとしては、北向きならではの洗濯物や布団が乾きにくいといったことや、日が差しにくいので、冬場は特に家の中が寒く感じやすいということがあると思います。

これらのメリットやデメリットを全て理解して、それぞれの良い点悪い点を理解し、物件の価格、コストパフォーマンスも考えたうえで、どの方角の部屋が自分にとって最適か選ぶのが良いと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ