保証会社に払う保証料はいくら?

保証会社とは、私たちが住宅ローンを借りる際に、所定の保証料を支払うことで、連帯保証人の代わりになってくれる会社のことです。

通常、私たちは家を購入するとき「住宅ローン」を金融機関から借ります。

マンションにしても一戸建住宅にしても、特に新築物件は数千万円~といった高額な価格になるので、現金一括払いできる人などほとんどいないからです。

そのため、金融機関から「住宅ローン」という形で借金をして、分譲住宅を購入するというのが一般的になっています。

この住宅ローンがあることで、私たちは若くして我が家を手にすることができるので、確かに便利な存在ではあるのですが、気を付けなければならない点もあるのです。

まずは、住宅ローンを借りるためには、誰かに連帯保証人になってもらわなければならないという点です。

まだ住宅ローンを検討したことがない人であっても、この「連帯保証人」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

「中の良い知人であっても、他人の連帯保証人にはなるな」と両親から言われたことがある人も多いと思います。

ご存知の通り、連帯保証人はお金を借りてもいないのに債務者と同様の立ち位置に立たされるため、本当に数多くのリスクを抱えることになります。

はっきりいって、親しかったとしても連帯保証人になど誰もなりたくないでしょう。

そのために、この保証会社があります。

保証会社は、私たちが住宅ローンを借りる際に、所定の保証料を支払うことで、連帯保証人の代わりになってくれる会社のことになります。

代わりに保証人になってくれるなど、とても助かりますよね!

ただし、それには所定の保証料が必要になります。

保証会社に払う保証料はいくらぐらいなのでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ