同じ広さなのに南向きよりも北向き住戸が高い理由

購入対象の物件を探していると奇妙なことにぶつかることがあります。

その一つに、全く同じ広さの住戸なのに南向きよりも北向きの方が高い売り出し価格が高いケースがあります。

ご存知のように、他の条件が全く同じであれば、南向きの物件の方が、北向き物件よりも高めの価格が設定されます。

南向きの部屋の方が、北向き、西向き、東向きの部屋と比べて、日照が多く日当たりが良いため、高めの価格を設定しても売れるからです。

陽当りが良好な南向きの部屋だと、ほぼ一日中太陽光が入ってくるため暖かいですし、洗濯物も良く乾くため人気が高いんですよね。

にもかかわらず、同じ広さなのに南向きよりも北向き住戸が高い場合は、広さ以外に、北向き住宅の方に何らかのメリットがあるか、南向き住宅の方にデメリットがあるか、というケースがほとんどです。

よくあるのが、北向きの部屋の方が、夜景など眺望的に北向きの部屋よりも勝っているというケース。

陽当りが良い部屋も人気ですが、眺めの良い部屋もそれに負けないほど人気が高いですからね。

同様に、南向きの部屋からの眺望が墓地だったり、ごみ処分場だったりする場合は、それを望まない人がいればいるほど、売り出し価格にも影響してきます。

家を買う立場で考えた場合、いずれその物件を売る時のことを考えて、総合的なコストパフォーマンスが良いマンションや戸建て住宅を買うのが望ましいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ