土地の活用法にはどんな選択肢があるのか

親から、ある一定の土地を相続したんだけど、どうしたらいいのか迷っている・・・

このように、土地の活用について悩んでいる方は意外と多いようです。

土地活用の専門家に相談したくても、

  • 誰に相談したらいいのか
  • 高額な相談料を徴収されたらどうしようか

などと悩んでしまい、結局土地を相続したまま放置してしまう人の方が圧倒的に多いでしょう。

ですが、土地は何もしないままもっている状態だと、固定資産税などの維持コストがかかってしまいます。

そうした、固定資産税、所得税、相続税など各種税金面で優遇措置を受けるためだけでなく、土地活用することで、安定した収益を得ることも可能ですし、賃貸経営など新しいビジネスにチャレンジすることも出来ます。

そんなわけで、余った土地をもているのであれば、何らかの土地活用をすることが重要になってきます。

まずは、どのような土地活用法があるのか、ざっくりと理解することから始めてみましょう。

土地活用の選択肢は多岐にわたる

土地の活用法ですが、選択肢の一例を挙げただけでも

  1. 土地の売却
    土地を売却するためには、不動産会社と媒介契約を締結し、不動産会社に土地を売却してもらうことになります。
    土地売却のポイントは、不動産一括査定サービスを使って、できるだけ高く自分の土地を売ってくれる不動産会社を見つけることです。

  2. アパート・マンションの賃貸経営
    アパート・マンションの賃貸経営
  3. 駐車場の経営
    駐車場の経営
  4. 土地のレンタル
    中古車販売店などの事業を行いたい会社などに、土地をレンタルする活用法です。

上記のように多岐にわたります。

この中から、もっとも自分に合った土地の活用法を選ぶことになりますが、なかなか自分ひとりでは決めることが難しいですよね。

土地活用については専門家に無料で相談するのが一番

サブコンテンツ

このページの先頭へ