家は買うより借りる派が増えた理由

私たちの生活の要となる「家」

私たちは、一日の生活を終え「家」に帰り、ベッドの上で身体を休めた後再び「家」を出て一日の生活がはじまります。

言うまでもなく、家は私たちの生活にとって大事な拠点となります。

そんなわけで、家を買うのか、それとも借りるのかは、当たり前のように多くの人に共通する悩みになってきます。

分譲住宅(マンション or 戸建て)を購入するのか、それとも賃貸住宅を借りるのか。

かなり悩むと思います。

ただ、ここ最近は家は買うより借りるという人が増えているようです。

昔はマイホームブームがあり、家を購入することが夢という人も増えたのですが、損得勘定で考えて家を買うか借りるかを決める人が増えたということでしょう。

そんなわけで、家を借りる人が増えた理由を考えてみました。

家を借りるメリットは生活状況に柔軟に対応できるところ

昔、マイホームブームを支えた背景には、間違いなく雇用の安定が根底にあったと思います。

終身雇用が当たり前だった頃、退職する日までに会社からもらえる給料の総額がある程度予想がつきました。

つまり、住宅ローンを何年で返せるかの目途がある程度予想がついていたので、住宅の購入に積極的になれたということです。

ですが、一部上場の大企業ですらリストラが相次いでいる現状では、安心して家を購入することなどできないと考える人が増えているのは当然の流れだと思います。

つまり、自分の生活レベルに応じて住む家を柔軟に変えることができることにメリットを感じる人が増え、結果的に家は借りた方が得だと思う人が増えたというのが現状なんだと思います。

戸建てだろうが、マンションだろうが、賃貸であれば

  • 仕事で遠方に転勤になっても、引越すだけで対応
  • 転職して給料が減っても、賃料が安い物件に引っ越すことで対応
  • 子供が大きくなって、貯金もたまったので広めのマンションへの借り変えを検討

このように、柔軟に住居を変えることが可能です。

家を売ることを考えている人へ、少しでも高く売る方法を教えます

このような時代背景の変化もあり、家を売りたいと考えている人も増えているようです。

家を売る時に一番やってはいけないことの一つに、安く買いたたかれてしまうことがあると思います。

特に、差し押さえられて競売という流れだけは、絶対に食い止めなければなりません。

分譲マンション、マイホームを少しでも高く売るためには、余裕をもって売る必要があり、出来るだけ早く動き出す必要があります。

そして、高く私たちの不動産を売ってくれる業者に依頼することだ大事になってくるため、下記のように多くの不動産会社から一括して査定してもらえるサービスを活用するのがおすすめになります。

大事な我が家を安く買いたたかれないためにも、家を売るのであれば、手遅れにならないように、早めに売却活動をはじめましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ