年収600万以下の人が住宅ローン組むのは危険!

年収600万以下の人が住宅ローン組むのは危険!家を購入するとき、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになります。

そりゃ、金利がつかない分現金一括払いの方がいいに決まっていますが、数千万円もする家をキャッシュで一括購入できる人なんてほんの一握りですからね。

ただ、住宅ローンを組むのはよく考えてからにしてください。

住宅ローンは借金なので、家を購入した途端、数千万円の借金を背負うことと同じ意味を持つからです。

※住宅ローンが返せないとどうなるのかについては後述します。

平均年収よりも上だからと言って安易に住宅ローンを組むのはとても危険です。

私が年収600万なら住宅ローンは組みません

住宅ローンを組む前に必ずやっておいた方が良いこととして、月々の収支をチェックしておくということです。

例えば、ボーナス込みの年収が600万円の世帯があるとします。

実際にもらえる金額は、この年収から税金を引いた金額になるため、

年収600万だと月給の手取りが約40万だが、、

ざっくりと、

  • 健康保険料・・・25万円
  • 厚生年金・・・55万円
  • 雇用保険料・・・5万円
  • 所得税・・・21万円
  • 住民税・・・13万円

となり、年間の手取り額のトータルが、4,810,000円となります。

これを12で割った約40万円が月の手取りになるということになりますね。

年収600万円の可処分所得を考えると月10万円のローンの返済も難しい

一方、家計全体の月の出費をシミュレーションしてみると

  • 水道光熱費・・・約2万円
  • 厚生年金・・・約3万円
  • 食費・・・6万円
  • 生命保険・・・約3万円
  • 夫の小遣い・・・約4万円
  • 妻の小遣い・・・約4万円
  • 雑費・・・約1万円
  • ガソリン代・・・約3万円
  • 子育て、教育費の貯蓄・・・約5万円

若干シビアに計算してみましたが、月31万円が出ていくということになります。

これでお分かりだと思いますが、年収600万もらっている人が、贅沢せずに生活したとしても、月9万円しか手元に残らないということになります。

購入物件の値段にもよりますが、住宅ローンは普通に10万円以上を月々返済していく必要があるため、年収600万もらっていたとしても、月の出費を見直さなければ収支が赤になってしまうということになります。

これで自動車ローンなど、他のローンが重なっていれば、家計は火の車となってしまいます。

返済がギリギリなら住宅ローンは絶対に借りてはダメな理由

それでも、夢のマイホームということで、生活費を切り詰め、何とか住宅ローンの返済額ほどの余剰資金は確保できたとします。

でも、もしも生活を切り詰めてギリギリのレベルで住宅ローンを返済するぐらいであれば、そもそも住宅ローンは借りるべきではないと思っています。

なぜなら、収入が今より減る可能性は誰にでもあり得るからです。

会社が倒産して無職になってしまった
リストラされて派遣社員になって給料が激減した
会社の業績不振で給料を大きく下げられてしまった

このようになった時、年収600万がすぐに年収300万になるなど半減してしまうことは、よくある話です。

そうなってしまっては、これまで通り住宅ローンを返し続けるのは不可能になってしまいます。

住宅ローンを安心して借りれる人は、日本中にほとんどいないと思います。

なぜなら、お金がある人は、利息を払うのが馬鹿らしいのでローンなど組まず、「現金一括購入」でマンション、戸建てを購入するでしょうし、公務員や大企業の社員など、相対的に安定感のある仕事に就けている人であっても、クビになる可能性はゼロではないからです。

もしも住宅ローンを返せなくなった場合、そのまま残債を返さずに放置してしまうと、公的機関(裁判所)により競売が執行され、通常よりもはるかに安い価格で買いたたかれてしまうため、十分注意する必要があります。

※参考記事:家を高く売る方法についてこちらで詳しく解説しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ