家解体して更地にした方が高く売れるの?

よく聞く話ですが、中古の一軒家は解体して更地にした方が高く売れるのでしょうか?

これは結論から言うと、半分は正しいですが、半分は正確ではないです。

更地にすべきかどうか、つまり家を解体処理するかどうかの見極め方としては、その家屋が快適に住める状態かどうかで判断すると良いでしょう。

  • 築30年ほど経過しているためか、ネズミやモグラが天井を這う音がする
  • だいぶ家屋が痛んでおり雨漏りがする状態である
  • 過去に起きた大地震の影響からか、室内にひび割れ箇所が多数ある

このように家が古くなりすぎていて、快適に住むには支障がある場合、そのまま売り出したとしても、買い手がなかなか見つからない可能性も高いため、更地にする方が高く売れる可能性があります。

また更地の需要自体も近年高くなってきているので、家を売るとき更地にして売り出す人も増えてきているのだと思います。

ただし、快適に住める中古住宅であれば、コストパフォーマンスを考えても更地にする必要性がない場合が多くあるのも事実です。

更地にするには、家屋の解体費用がかかるだけでなく、税金(固定資産税)が上物がある状態と比べて3倍以上加算されることも考慮しなければなりません。

まずは物件を査定してもらうのが先

このように、住まいをそのまま売りに出すのか、更地にした後で売りに出すのか、どちらがメリットがあるのかについては、ケースバイケースになります。

そのため、まずは物件をいくらで売りに出すのか複数の不動産会社に査定をしてもらい、提携する不動産会社を決めることから始めるのが良いでしょう。

  • 不動産売却一括査定「イエウール」

    イエウール

    イエウールは大手の不動産一括査定サイトで、提携している不動産会社の数は日本国内で900社以上になります。
    イエウールに登録することで、有名な大手不動産会社から、地元密着系の不動産会社まで、最大6社に一括査定依頼ができます。
    登録も一分足らずで、パソコンでもスマホでも簡単に登録可能です。
    査定額はバラバラで、業者間で500万円の差が出る場合もあるので使わない理由がありません。
    不動産は私たちにとって大きな資産です。
    マンションなど不動産売却で損しないためにも、イエウールの不動産一括査定サービスの利用をお勧めします。

  • 不動産査定「スマイスター」

    不動産査定「スマイスター」

    サービス開始からのトータル査定件数がなんと10万件を突破しているという、不動産売却一括査定サイトの「スマイスター」
    最大6社の不動産会社からの査定をもらえます。
    査定額は業者間で10%程度前後するため、他の不動産一括査定サイトで査定をもらった後で合っても、この「スマイスター」でもアイミツを取ってみると、より納得のできる高額査定をもらえる可能性も高まります。

  • 無料不動産査定「オウチーノ」

    無料不動産査定「オウチーノ」

    早く高く売りたい人のための、無料不動産一括査定サイト「オウチーノ」。
    大京、センチュリー21など全国の有力不動産会社450社が提携しており、2015年現在約180万人の利用実績数を誇っています。
    他の査定サイト同様、パソコンからでもスマホからでも1分程度で査定依頼ができるため、多くの不動産会社から査定をもらって、じっくり見極めて任せる不動産会社を決めたいという方は、利用する一括査定サイトの一つとして、是非活用してみてください。

更地にするかどうかの戦略的な判断は、売却をお願いする不動産会社が決まった後、相談しながら決めればいい話ですし、売却しながら、買い手の希望を聞きながら柔軟に対応していけばいいので、家を売る前から難しく考える必要はないと思います。

  • 中古住宅をそのまま売りに出すのか
  • 更地にして土地として売るのか
  • 更地にした土地に新たに上物を建築して新築住宅として売りに出すのか

まずは、不動産一括査定サービスで、高い査定を出してくれて、かつ信頼できる不動産会社を選んでから、その担当者と相談しながら進めるのが現実的で良い選択だと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ