田舎の家って本当に売れるの?

田舎の家って本当に売れるの?「田舎だから、家がいくらで売れるのか心配だ・・・」

今すぐ売るかどうかはひとまず置いておいたとしても、このように「田舎の家って本当に売れるの?」と不安に感じている方、かなり多いみたいです。

結論から言うと、「田舎だから売れない」ということは全くないです。

地方の人口過疎地なので、半ばあきらめていたとしても、思ったよりも高値で売れるケースも多いですし、他方ほとんど値段が付かなかったというケースもあります。

いずれにせよ、売れる可能性がある以上、少しでも高く我が家を査定してもらうことが大事です。

田舎の家を少しでも売るためのポイントは、下記ページに紹介している不動産一括査定サービスを使うこと!

※重要:田舎の家を少しでも高く売るためにおすすめの不動産一括査定サービス【5選】

上のリンク先を見てもらえればわかる通り、一括査定サービスを通じて多くの不動産業者から査定をもらうことで、より高い値段で売れる可能性が高まります。

田舎の家を売るためにすべきことは、高く査定してくれた業者に依頼すること

冒頭の「田舎の家って本当に売れるの?」という問いかけに対する回答は、「想像以上に高く売れるケースもあるし、逆に買い手が見つからず、売れないケースもある」ということ。

つまり不動産売却査定をしてもらわなければわからないということです。

ちなみに、私の友達の実家が青森市のはずれの方にあったのですが、査定してもらったところ、思ってた以上の高い査定を出してもらい、実際にその不動産屋を通じて家を購入した方は、上物を取り壊し、中古車販売店をオープンさせたそうです。

実際に査定してもらう前は、「家を売りたいんだけど、うちは田舎だし築30年超えてるのよね、、本当に売れるのかしら?」って不安があったそうですが、査定してもらってからは話がトントン進んでいったそうです。

買い手にどのようなニーズがあるのかは、私たちにはわかりませんから、やるべきこととしては不動産業者に査定してもらい、高く売ってくれそうで信頼できる業者に依頼するということが、田舎の家を売るために何よりも大事になってきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ