家を売る理由

ほとんどの人は、家を買うときその家をいつか売ることになるだろうとは考えないでしょう。
何事もなければ、このままずっとこの家に住んでいたい。
そう思って、新築の一戸建てやマンションなど高い家を購入するのではないかと思います。

ですが、実際には多くの人が家を売っている現実があります。
家を売る理由にはどのようなものがあるのでしょうか。
今は家を売るつもりがない人でも、「多くの人が家を売る理由」を理解し、他人事ととらえず自分達もいつか家を売るかもしれないということを頭の片隅に入れておいた方が良いかもしれません。

「家の買い換えの為」が最も多い理由

家を売る理由を具体的に見てみると、

  • 家の買い換えの為、今住んでる家を売りたい
  • 住宅ローンが払えなくなってきたので
  • 相続した不動産が不要になったから

が多いようです。

その中でも一番多いのが、「何らかの理由で家の買い換えを希望しているケース」。

  • 転勤で旦那の勤務地が変わったので、持ち家を売るしかない
  • 結婚・出産を機に、広い分譲マンションか、庭付きの一戸建てに住み換えたい
  • お金に余裕が出てきたので、もっと人気のあるエリアに家を持ちたい

例えば、こういった理由で家の買い換えを考えている人が多いようです。

「住宅ローンが重荷」で家を売る人も増えている

そして、近年増えてきているのが、
「残りの住宅ローンを払い続けるのが難しくなってきたので、マンションを手放すことにした」
という「住宅ローンが重荷」ことによる不動産の売却です。

住宅ローンの返済が原因での不動産売却の背景には

  • 会社が倒産した
  • 会社の給料が激減した
  • 会社の業績が悪くリストラの心配が出てきた

など、お給料を今後も住宅ローンの支払いに充てることが難しいと感じる人が増えてきていることがあるようです。

不景気、雇用の不安定という時代もあって、背景住宅ローンが払えなくなってきたので、住宅ローンを完済するために、あるいは残りの住宅ローンの支払いに充てるために、マンションを売るということです。

住宅ローンを長期間滞納してしまうと、競売になってしまう可能性があります。
競売になると、相場の半額程度で売却されてしまうので注意が必要です。

競売にならないためには、滞納から約3か月以内に不動産を売却しなければならないため、早めに下記におすすめしている「不動産一括査定サービス」等で高く売ってくれそうな不動産会社を見つけ、いち早く販売活動を始める必要があります。

  • 不動産売却一括査定「イエウール」

    イエウール

    マンションをできるだけ高く売りたい人におすすめなのが、不動産売却一括査定サービス大手の「イエウール」イエウールは大手の不動産一括査定サイトで、提携している不動産会社の数は日本国内で900社以上になります。
    イエウールに登録することで、有名な大手不動産会社から、地元密着系の不動産会社まで、最大6社に一括査定依頼ができます。
    査定額は、業者間で500万円も差が出る場合もあるので使わない理由がありません。
    少しでもマンションを高く売るためにも、イエウールの不動産一括査定サービスの利用をお勧めします。

  • イエイ不動産売却査定

    イエイ不動産売却査定

    サイト利用者からの顧客満足度が97%を誇る不動産一括査定サービスのパイオニアである「イエイ」。
    マンションを高く売りたいと考えている人からの人気や信頼度も高いです。
    査定依頼も必要最低限の入力でシンプルで加盟している不動産会社約1000社の中から最大6社から査定がもらえます。不動産一括査定サイトをいくつか利用する場合、候補の1つに必ず入れておくべきサービスの1つになります。

  • SBI不動産一括査定

    SBI不動産一括査定

    SBIグループが提供する「SBI不動産一括査定」は、大手ならではの安心感で、運営歴も8年あり、信頼感もあります。
    サービスの利用料は無料なので、一括査定依頼の方法も、他の一括査定サービスとほとんど同じなので、マンション、戸建てなど不動産査定の際には、「SBI不動産一括査定」もぜひ活用してみてください。

  • 不動産査定「スマイスター」

    不動産査定「スマイスター」

    サービス開始からのトータル査定件数がなんと10万件を突破しているという、不動産売却一括査定サイトの「スマイスター」は、最大6社の不動産会社からの査定をもらえます。
    住居を高く売りたいと考えている人にとって、一括査定サービスは不可欠なサービスになってきますので、他の一括査定サービスと併用して活用されることをお勧めします。。

  • 無料不動産査定「オウチーノ」

    無料不動産査定「オウチーノ」

    早く高く売りたい人のための、無料不動産一括査定サイト「オウチーノ」。
    もちろん、不動産買い換えを考えている利用者の数も多いです。
    全国の有力不動産会社450社が提携しており、2015年現在約180万人の利用実績数を誇っています。
    不動産を高く売りたいと考えている人にとって、一括査定サービスは不可欠なサービスになってきますので、他の一括査定サービスと併用して活用してみてください。
    他の査定サイト同様、パソコンからでもスマホからでも1分程度で査定依頼ができます。

家を相続後、不要を感じて売りに出す人も多い

親から土地建物を相続したものの、不要になったから売りたいという人も近年増えてきています。

  • すでに持ち家があるので、相続した家は不要である。
  • 兄弟など相続対象者が複数おり、一人だけ家を相続するのは不公平感がある
  • 相続で譲り受けたが、今の生活環境から遠い
  • 不動産よりもまとまったお金が欲しい。

など、相続した不動産を持て余している人が少なくないのだと思います。

この場合のポイントとして

相続してから、3年以内に売却すること

を強くおすすめします。

「相続税の取得費加算の特例」という制度があるのですが、現在のところ相続後3年以内に当該不動産を売却することで、税金上のメリットを受けることができます。

その結果、不動産を相続前に売るよりも相続後に売った方がお得のようです。

法律は都度変わっていきますので、詳細は必ず国税庁、税務署に確認してみてください。

この特例は、相続により取得した土地、建物、株式などを、一定期間内に譲渡した場合に、相続税額のうち一定金額を譲渡資産の取得費に加算することができるというものです。
特例を受けるための要件
イ 相続や遺贈により財産を取得した者であること。
ロ その財産を取得した人に相続税が課税されていること。
ハ その財産を、相続開始のあった日の翌日から相続税の申告期限の翌日以後3年を経過する日までに譲渡していること。

引用元:国税庁「相続財産を譲渡した場合の取得費の特例」

以上が、人が家を売る主な理由になります。
今は家を売るつもりがなくても、いつかその日が訪れるかもしれません。
頭の片隅に入れておき、いざというときに迅速に対応できるようにしておかれると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ