家を安く売らない秘訣

誰だって、自分の住んでいたマンションを安く売りたくないですよね。
しかし、自分の意図に反して、結果的に当初の希望よりも安い価格で住居を手放してしまう人が少なくないようです。

例えば、不動産会社に4000万円の査定をもらっていても、結果的に3200万円で売ってしまったというケースが出てきてしまう。
そうならないためには、どういったことに気を付ければいいのでしょう。

結論から言うと、家を安く売らないための秘訣、ポイントは3つあります。


  1. 不動産の売却査定を複数社からもらう。
  2. 高額査定、かつ信頼できる不動産会社を見極める。
  3. 不動産売却の活動を早めに始める。

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

一括査定でアイミツを複数取るのが、家を安く売らない第一のポイント

マンションやアパートを安く売ってしまわない第一かつ最重要ポイントが

複数の不動産会社から見積もり(査定)をもらう

ということです。

これは不動産に限ったことではありません。
商品の価格とは、供給量に対する需要の多さで決まってきます。
例えば、オークションだと、一つの商品に対して多くの人から希望額が提示されると、商品の売却額はどんどん高くなっていきます。

これから売りに出すマンション、一戸建てなどの不動産もこれは同じです。

不動産一括査定サービスに登録することで、そのサービスに参加している多くの不動産会社から見積もりをもらうことができます。
不動産会社は貴方のマンションを自社で売ることで利益を得るので、どうしても貴方のマンションを自社で売りたいと思っています。

その結果、不動産会社から提示される査定額が高くなっていくというわけです。
安い値段でマンションを売ることにたいした企業努力はいりません。
それでも不動産会社は利益を得ることができます。

それは、不動産会社の儲けは住居を売った際の手数料だからです。
低い価格で売って損をするのは、売主様だけということになります。

売主様の希望に近い金額で、マンションを安く売らないためには、不動産会社はかなりの努力をしなければなりません。
いろいろな媒体での広告宣伝活動、多くのコネクションを使った様々な営業活動、人件費もかかってきます。

そうした覚悟を持って、貴方のマンションの売却査定額を高くつけてくれた不動産会社を選ぶためにも、まずは下記にご紹介している不動産一括査定サービスを活用するのが「安く家を売らないための」第一歩になります。

信頼できる不動産会社を選ぶ

いくら高額な見積額を提示してくれたからといって、査定額の高さだけで不動産会社を選ぶのは、注意が必要です。
もちろん、査定額の高さが最重要指標の一つだというのは間違っていませんが、その不動産会社が信頼できる業者なのかも必ずチェックするようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ