物件の囲い込みとは?

物件の囲い込みとは、不動産業者が自社の利益のためだけに、故意に情報を隠し両手仲介を目指す行為のことです。
もちろん、両手仲介自体は悪い行為ではありません。

両手仲介とは、不動産会社が「買い主」「売り主」の仲介を1社で行うことをいい、両方から不動産手数料を得られるメリットがあります。

この両手仲介が問題とされるケースは、売り主の物件の販売活動を行っている不動産会社自身が、他の同業他社から物件の照会をもらっても何らかの理由をつけて物件を教えず、自社で両手取引を狙う場合です。

こうした物件の囲い込みを行われてしまうと、売り手の物件はなかなか売れず、結果として売り出し価格を下げざるを得ないケースが増えてくるケースが増えてきます。

不動産売却をする一番の理由が「家の住み換え」と言われているため、マンションや一戸建てなど、次の住居の購入資金が必要になってきます。そのため、今住んでいる家が早く売れないことは、家の売り手としては致命的なのです。

結果として売り出し価格を下げてしまうことにつながってしまいます。

不動産会社の利益のために、不動産の「売り手」と「買い手」が不利益を被ってしまうこうした「物件の囲い込み」は許せませんね。

不動産を高く売るためには、下記のページで紹介している「不動産一括査定サイト」を利用するのが一般的ですが、一番高い査定を出してくれた不動産会社にお願いするだけではなく、その会社が両手仲介の為に不正をするような会社ではないか、信頼度を確認することもとても重要になってきます。

そもそも、「売り手」や「買い手」のお客さんが、こうした心配をしなくても済むように、両手仲介にからんだ不正行為をできなくなるような仕組み、そして強力な罰則を用意すべきだと強く思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ