相続した家・マンションを売るタイミング

家・マンションを売るタイミングが、「不動産を相続した時」というのもとても多いそうです。

相続というのは、親族などが亡くなった場合に、残した「遺産」を受けとることをいいますが、こうした「遺産」が「家」や「マンション」や「土地」などの不動産であるケースが多いんですね。

こうして相続で引き継いだ「遺産」を何らかの理由で売却する人が多いということです。
なぜ、相続のタイミングで「遺産である不動産」を売ってしまう人が多いのでしょうか。

結論から言うと、相続で受け継いだ「家や土地やマンション」などの不動産を「手放すメリット」が「手放すデメリット」より大きいからだといえます。
それでは、不動産売却の際、出来るだけ高く家を売るためにおすすめな「不動産一括査定サービス」をご紹介し、その後に「相続した家・マンションを売る最適なタイミング」についてご紹介したいと思います。

相続した家・土地を高く売るのにお勧めのサービス

  • 不動産売却一括査定「イエウール」

    イエウール

    イエウールは大手の不動産一括査定サイトで、「不動産を少しでも高く売る」ために不可欠のサービスです。
    イエウールと提携している不動産会社の数は日本国内で900社以上にもなり、イエウールに登録することで、有名な大手不動産会社から、地元密着系の不動産会社まで、最大6社に不動産の一括査定を依頼することができます。
    業者間でなんと500万円の差が出る場合もあるなど、一括査定サービスの利用はメリットが大きいです。
    不動産は私たちにとって大きな資産です。
    不動産の売却で損しないためにも、相続物件の売却はイエウールの「不動産一括査定サービス」の利用をお勧めします。利用料は無料で、登録はわずか1分程度で完了します。

  • イエイ不動産売却査定

    イエイ不動産売却査定

    サイト利用者からの顧客満足度が97%を誇る不動産一括査定サービスのパイオニアである「イエイ」ですが、「不動産を高く売りたい」多くの人から利用されています。
    提携している不動産会社は、大手から地域密着系の会社まで全国1,000社を超えています。
    不動産査定依頼のフォームも必要最低限の入力とシンプルで、最大6社から査定がもらえます。
    相続物件を売却する場合「不動産一括査定サイト」を複数利用するケースも多いと思いますが、「イエイ」もその候補の1つに必ず入れておくべきサービスの1つになります。

  • SBI不動産一括査定

    SBI不動産一括査定

    「SBI不動産一括査定」は、SBIグループが提供するサービスなので、まず大手ならではの安心感があります。
    運営歴も8年あり、信頼感もあります。
    一括査定依頼の方法も、他の一括査定サービスとほとんど同じなので、相続物件の売却の際は「SBI不動産一括査定」もぜひ活用してみてください。
    もちろん、サービス利用額は他のサービス同様「無料」です。

  • 不動産査定「スマイスター」

    不動産査定「スマイスター」

    サービス開始からのトータル査定件数がなんと10万件を突破しているという、不動産売却一括査定サイトの「スマイスター」
    最大6社の不動産会社からの不動産売却額の査定をもらえます。
    査定額は業者間で10%程度前後するため、他の不動産一括査定サイトで査定をもらった後で合っても、この「スマイスター」でもアイミツを取ってみると、より納得できる不動産の高額査定をもらえる可能性も高まります。

  • 無料不動産査定「オウチーノ」

    無料不動産査定「オウチーノ」

    「不動産を早く高く売りたい人」のための、無料不動産一括査定サイト「オウチーノ」。
    大京、センチュリー21など全国の有力不動産会社450社が提携しており、2015年現在約180万人の利用実績数を誇っています。
    他の査定サイト同様、パソコンからでもスマホからでも1分程度で不動産の査定依頼ができるため、多くの不動産会社から査定をもらって、じっくり見極めて任せる不動産会社を決めたいという方は、利用する一括査定サイトの一つとして、是非活用してみてください。

是非ご活用してくてみださい。

多くの人が「相続前」でなく「相続後3年以内」に売却している

これまで見てきたように、一戸建ての家やマンション、アパートを「相続」が理由で売却する人は多いのですが、その主な理由としては

  • すでに持ち家があるので、相続した家は使い道がない
  • 相続対象者が兄弟など複数いて、一人だけ家を相続するのは不公平感がある
  • 親からの遺産で譲り受けたが、今の生活環境から遠い
  • 不動産よりまとまったお金の方が欲しい

といった具体的な理由を挙げる人が多いです。

またその中でも「相続した家・マンションを売るタイミング」として「相続してから、3年以内の売却」がとても多いようです。

実は「相続税の取得費加算の特例」という制度があるのですが、現在のところ相続後3年以内に当該不動産を売却することで、税金上のメリットを受けることができるのです。

その結果、不動産を相続前に売るよりも相続後に売った方が得だということになるのです。

法律は都度変わっていきますので、詳細は「必ず」国税庁、税務署に確認してみてください。

「まだまだ相続は先の話だよ」という方も多いとは思いますが、今は家を売るつもりがなくても、いつその日が訪れるかは誰にもわかりません。

こうした情報を頭の片隅に入れておき、いざというときに迅速に対応できるようにしておかれるのが肝心だと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ