高く売れるマンション・家の特徴

高く売れるマンション・一戸建てに共通する特徴とはどういったものでしょうか。
これから売ろうとしている私たちのマンションの売却金額を決めるうえでも、一般的に言われている高く売れやすい不動産物件の特徴を抑えておくことは重要になってくると思います。


  1. 人気のロケーション
  2. 不動産人気エリアの上位にランキングする物件は、需要が高く一般的に売れやすい傾向にあります。山手線沿線や、東横線沿線などですね。
    また近くに「代々木公園」や「山下公園」などの公園、「東京タワー」「ランドマークタワー」など人気スポットがあったりするのも、ロケーションが良いエリアと言えると思います。

  3. アクセスの便が良い
  4. 「駅」や「病院」や「スーパー」や「学校」など、生活に密着したエリアへのアクセスが良いと、立地の良い物件ということで、高く売れ安い傾向があります。

  5. マンションの規模が大きい
    規模の大きいマンションだと、管理人が常駐していたり、清掃業者が共有部の清掃をしてくれたり、セキュリティー対策も充実しており、人気が高いです。
  6. 築年数が絶っていない
    これは当たり前かもしれませんが、マンションや一戸建てが建築されてからどのぐらいの築年数が経過しているか、どのぐらい築浅かどうかも不動産が高く売れやすいかどうかのポイントになります。
    築年数がかなり経っており、あちこちにガタがきている場合でも、リフォームまでする必要はないと思います。

このように、どんなマンション、アパートが人気があり、どんな不動産が高く売れやすいかは、ほぼロケーションや外観、住みやすさがどうかということで、マンションの内装はそれほど問題にはなりません。

売りに出すためのリフォームは特段必要ではないです。

少しでも高くマンション、不動産を売りたいのであれば、できるだけ早く「不動産一括査定サイト」で見積もりをもらい、不動産会社を選んで、一刻も早く販売活動を始めることが最重要になってきます。

不動産会社の見積もりを見比べるとわかりますが、業者間で「数百万」単位で買取査定額が異なることはよく起こります。
相見積もりを取らず、マンション売却後に後悔するよりも、不動産一括査定サイトで、高い査定を出してくれて、なおかつ信頼できる不動産会社に売却を依頼しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ