山林売却のコツ|買い手がなかなか見つからない方へ

買い手がなかなか見つからない山林を売却するコツは?都市部で暮らしていると、あまり実感がないかもしれませんが、地方だと「山林を保有している」方が結構いらっしゃいます。

「実家に山林を2つ所有しているんだよね」

なんて聞くと、「わぁすごくリッチ!」って思っちゃう人も多いと思いますが、田舎に行くとわりとよく聞く話です。

日本の場合、山林を個人で所有しているケースが多いんですね。

そのため、山林のオーナーが亡くなった場合、その山林を処分しない限り、その子供がその山林を相続することになりますし、同様にいつかは、その孫が山林を相続することになります。

そんな山林ですが、「早く処分したいのになかなか買い手が見つからない」と悩んでいる人が結構多いようです。

  1. 山林を保有し続けることにはどのようなデメリットがあるのでしょうか
  2. 山林はなぜ売れにくいのか、そして高く売るコツはあるのでしょうか

今回は、そのあたりのポイントについて書いてみることにします。

1.利用用途がないのであれば山林保有はデメリットしかない

保有している山林を現在有効活用しているのであれば、山林保有することはメリットです。

有効活用というのは、誰かに利用させることで利用料をもらっていたり、そこから採れる木材などを売却して利益を得ていたり、要はその山林が収益不動産化している場合ですね。

ただ、そうでないならば山林を持ち続けることはデメリットの方が多いです。

不動産を保有していることになるため、「固定資産税」として税金を取られますし、相続の際には、「相続税」も取られてしまいます。

つまり、山林を持っていて何もせず放置している人は、お金だけがどんどん無くなってしまうことになるのです。

要は、「無駄に税金取られるのはデメリットでしかない!」と考える多くの方が、早めに山林を売却したいと考えているということです。

2.山林は売れにくいといわれている理由

ところが現実問題、山林を売るのは結構大変です。

どういうことかと言うと、山林に対する需要の絶対数が少ないので、買い手がなかなか見つからないんですね。

そしてたとえ売買が成立したとしても、買い手市場(売り手市場ではない)であるため、想像よりも安い値段で買いたたかれることが少なくないのです。

ただ「市街地近郊」の山林などは、宅地計画次第で、大手不動産業者からの需要があるケースも考えられるため、山林のロケーションによっても、売れ行きや売却額に違いが出てきます。

林地地域は、区分的に

  • 都市近郊林地地域
  • 農村林地地域
  • 林業本場林地地域
  • 山村奥地林地地域

に分類されますが、都市型近郊林地はその中でも比較的買い手が見つかりやすい山林だということができるというわけです。

もっとも、都市近郊林地地域以外の区域でも、投資目的で山林購入を考えている企業や、林業目的で山林買収を考えている農林業者など、一定数の買取り需要は存在すると考えられます。

つまり、一番大事なことは、こうした「山林に興味を持っている買い手」に、山林を売りたいというオファーを知ってもらうことが一番大事だということです。

山林が売れにくいといわれている一番の理由は、山林を買収したいと思っている層へのアプローチが難しい点だとも言えるでしょう。

3.買い手を短期間で効率よく見つける方法

これは山林売却に限った話ではありませんが、買い手が少ない物件を売却するためには、積極的に山林購入に興味を持っている見込み客を探すのが一番の近道です。

ただ自分で見つけるのは、現実的でないため、下記のような「不動産一括査定サービス」といわれるマッチングサイトに登録することをおすすめします。

一括査定サービスに登録することで、「山林の情報」が提携している多くの大手不動産会社の目に留まるため、売却相場がすぐにわかるだけでなく、「山林購入に興味を持っている層」の情報が不動産会社経由で比較的早めに手に入る可能性が高いというメリットがあります。


  • 不動産売却一括査定「イエウール」

    イエウール

    イエウールは大手の不動産一括査定サイトで、提携している不動産会社の数は日本国内で900社以上になります。

    イエウールに登録することで、有名な大手不動産会社から、地元密着系の不動産会社まで、最大6社に一括査定依頼ができます。

    登録も一分足らずで、パソコンでもスマホでも簡単に登録可能です。
    査定額は不動産会社によってばらつきがあり、業者間で500万円の差が出る場合もあるので使わないわけにはいきませんよね。

    不動産は私たちにとって大きな資産です。
    マンションなど不動産売却で損しないためにも、イエウールの不動産一括査定サービスの利用をお勧めします。

※参考記事:イエウール以外のおすすめ不動産一括査定サービス【厳選】

たしかに、一括査定サービスを使ったとしても、「マンション」や「一戸建て」など、多くの需要がある他の不動産と比べると、買い手が見つかるまでに時間を要する可能性は高いですし、思ったような価格で売れない可能性だって否定できません。

ですが、少しでも山林を高く売るための方法としては、おすすめできる方法になりますので、無料で利用できますし、試す価値は十分にあると思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ