建売住宅を高く売る方法

建売住宅を高く売る方法建売住宅は、住宅(一戸建て)の形態の一つで、家屋と土地とが1セットになった状態で販売されるものをいいます。
注文住宅とは違い、予めデザインや間取りが決められたタイプの住居になります。

こうした建売住宅を売りに出す場合、ほとんどの方が真っ先に考えるのが、
どうやったら、「より高くこの建売住宅を売れるのか?」
ということだと思います。

これは他の不動産と同じですが、できるだけ高く建売住宅を売るためには、「不動産一括査定サービス」の活用がもっともおすすめできます。

建売住宅を高く売るために不可欠な「不動産一括査定サービス」

  • 不動産売却一括査定「イエウール」

    イエウール

    イエウールは大手の不動産一括査定サイトで、「建売住宅を少しでも高く売る」ために不可欠のサービスです。
    イエウールと提携している不動産会社の数は日本国内で900社以上にもなり、イエウールに登録することで、有名な大手不動産会社から、地元密着系の不動産会社まで、最大6社に建売住宅の一括査定を依頼することができます。
    業者間でなんと500万円の差が出る場合もあるなど、一括査定サービスの利用はメリットが大きいです。
    不動産は私たちにとって大きな資産です。
    建売住宅の売却で損しないためにも、イエウールの「不動産一括査定サービス」の利用をお勧めします。利用料は無料で、登録はわずか1分程度で完了します。

  • イエイ不動産売却査定

    イエイ不動産売却査定

    サイト利用者からの顧客満足度が97%を誇る不動産一括査定サービスのパイオニアである「イエイ」ですが、「建売住宅を高く売りたい」多くの人から利用されています。
    提携している不動産会社は、大手から地域密着系の会社まで全国1,000社を超えています。
    建売住宅査定依頼のフォームも必要最低限の入力とシンプルで、最大6社から査定がもらえます。
    建売住宅を売る場合、「不動産一括査定サイト」を複数利用するケースも多いと思いますが、「イエイ」もその候補の1つに必ず入れておくべきサービスの1つになります。

  • SBI不動産一括査定

    SBI不動産一括査定

    「SBI不動産一括査定」は、SBIグループが提供するサービスなので、まず大手ならではの安心感があります。
    運営歴も8年あり、信頼感もあります。
    一括査定依頼の方法も、他の一括査定サービスとほとんど同じなので、建売住宅の売却査定の際には、「SBI不動産一括査定」もぜひ活用してみてください。
    もちろん、サービス利用額は他のサービス同様「無料」です。

  • 不動産査定「スマイスター」

    不動産査定「スマイスター」

    サービス開始からのトータル査定件数がなんと10万件を突破しているという、不動産売却一括査定サイトの「スマイスター」
    最大6社の不動産会社からの建売住宅売却額の査定をもらえます。
    査定額は業者間で10%程度前後するため、他の不動産一括査定サイトで査定をもらった後で合っても、この「スマイスター」でもアイミツを取ってみると、より納得できる建売住宅の高額査定をもらえる可能性も高まります。

  • 無料不動産査定「オウチーノ」

    無料不動産査定「オウチーノ」

    「建売住宅を早く高く売りたい人」のための、無料不動産一括査定サイト「オウチーノ」。
    大京、センチュリー21など全国の有力不動産会社450社が提携しており、2015年現在約180万人の利用実績数を誇っています。
    他の査定サイト同様、パソコンからでもスマホからでも1分程度で建売住宅の査定依頼ができるため、多くの不動産会社から査定をもらって、じっくり見極めて任せる不動産会社を決めたいという方は、利用する一括査定サイトの一つとして、是非活用してみてください。

建売住宅を売るか貸すか悩んでいる人へ

建売住宅を持っている人の中には、

  • 建売住宅を売った方がトータルで見てメリットが大きいか
  • 建売住宅を貸した方が結果的に得なのか

で迷っているケースも少なくないでしょう。

ですが、こうしたことも結局、この建売住宅がいくら位で売れるのかを知らないことには、決めようがありません。

建売住宅を売ろうか、貸そうか迷っている人も、上でお勧めしている「不動産一括査定サービス」でまずは、自分の持っている建売住宅がいくらぐらいで売れそうなのかを把握するところから始めてみてください。

建売住宅を売る時にかかる税金、費用は?

建売住宅を売却すると、税金と費用がかかります。
具体的にどのような出費があるかというと、

  1. 仲介手数料
  2. 司法書士へ支払う費用
  3. 譲渡所得税
  4. 印紙税

このうち、譲渡所得税と印紙税は税金です。
仲介手数料は、建売住宅など不動産の売却成立時に不動産会社に支払う手数料で、司法書士へ支払いは「売渡書類の作成」「抵当権抹消登記」の費用が必要となってきます。

譲渡所得税は、建売住宅など不動産を売った時には、必ず払わなければならない税金で、その税率は、「長期譲渡所得」になるか「短期譲渡所得」になるかによって変わってきます。

ちなみに、譲渡所得税は、国税の所得税と地方税の住民税が課せられることになります。
詳細は、当サイト「不動産売却、税金はいくら?」をご参照ください。

参考:不動産売却の超人「不動産売却、税金はいくら?」

実際には、自分のケースでは「何を」「いくら」「どこに支払う必要があるのか」の詳細は、「国税庁」や「税務署」そして媒介契約を結んでいる不動産会社、司法書士に必ず確認するようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ