マンション・一戸建て住宅の売却価格の決め方

マンション・一戸建て住宅の売却価格の決め方マンション・一戸建て住宅・土地など不動産の売却価格、売値はどのように決められるのでしょうか。
不動産の売却価格は、基本的には媒介契約を結んだ不動産会社が提示してきた査定額で決まってきます。
不動産会社は、まずはその査定額に基づいて、販売活動を展開していくことになります。

マンション、一戸建て住宅の売却価格の決め方、決まり方について、具体的な流れを見ていきましょう。

価格査定の流れ

マンション・一戸建て住宅の売却価格の決め方の流れを見ていくと、概ね次のようになります。

  1. 査定依頼
  2. 机上での査定
  3. 内覧にて査定
  4. 査定をもらう
  5. 媒介契約を締結するかどうか決める

まず査定依頼ですが、ここでの重要ポイントは「不動産会社の見極め」です。

  • どの不動産会社なら私のマンションを高く売ってくれるか
  • 信頼のできる不動産会社に販売を任せたい

不動産は大事な資産ですから、このような気持ちを持ってまずは「どの不動産会社と媒介契約を結ぶのか」数多くの不動産会社の話を聞くことが重要になってきます。

「査定額」「信頼できる業者」この2つを満たす不動産会社を見つけるもっともお勧め方法は、下記のような「不動産一括査定サービス」を活用することです。

もっとも「効率的」かつ「確実」に、「高く不動産を売るため」に信頼できる不動産会社を見つけることに役立ちます。

ネット上で上記の「一括査定サービス」に必要事項を入力するのは一分程度で済みますが、こうしたデータは、不動産会社が実際の査定に必要なデータになります。

不動産会社に家に来てもらって、実際に査定してもらうのが通常ですが、中には取り急ぎ査定額が今すぐ知りたいという人もいるでしょう。
そうした人に対しては、机上での査定を出してくれる不動産会社もあります。

そのためにも、査定サイトには極力正確なデータを入力するようにしましょう。

その後、不動産会社から連絡がありますが、不動産査定にもっとも重要な事項である

  • 土地建物の広さ
  • マンションなど売却予定の不動産のの所在地
  • 不動産の築年数
  • 不動産を売却しようと思った背景

について、しっかりと情報共有しておきましょう。

机上査定は、あくまでの目安ですので、正確な査定をしてもらうためにも、最終的には、実際に家に来てもらって査定してもらうことになります。

最終的に、査定額を提示されるまでの間

「この不動産会社は本当に信頼できる不動産会社なのか」

しっかりと見極めて、媒介契約を結ぶかどうか判断することが大事になってきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ