片手仲介と両手仲介の違いは?

片手仲介と両手仲介の違いについて説明します。
片手仲介とは、不動産会社が「買い手」と「売り手」のいずれかのみ仲介することです。

つまり、片手仲介だと「買い手」と「売り手」の「いずれかからのみ」仲介手数料をもらうことです。
この場合、もしこの不動産会社が「買い手」の仲介をし、手数料を得ているのであれば、「売り手」はこれとは別の不動産仲介会社に仲介してもらい、手数料を払っているということになります。

一方、「両手仲介」はこの「片手仲介」とは異なってきます。
両手仲介は、不動産会社が「買い手」と「売り手」双方の仲介を1社ですることで、結果として仲介手数料を両者からもらうことになります。

つまり「両手仲介」の場合、「片手仲介」の2倍の売り上げが見込めるというわけです。
中には、「売り手」や「買い手」の利益そっちのけで、両手仲介を狙っている悪徳業者もいるそうなので、不動産媒介契約を結ぶときは注意が必要です。

不動産を高く売るためには、下記のページで紹介している「不動産一括査定サイト」を利用するのがもっともお勧めですが、一番高い査定を出してくれた不動産会社にお願いするのはもちろんのこと、その不動産業者が「両手仲介」の為に不正をするような悪徳業者ではないか、本当に信用できる業者なのか、信頼度を確認することが極めて重要になってきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ