住宅ローン借りてるなら繰り上げ返済すべし!

住宅ローン借りてるなら繰り上げ返済すべし!合理的な判断が出来る人であれば

「住宅ローンなんて絶対に借りない!」

「住宅ローン組んでまで家は絶対に買わない!」

という判断をする人が結構多いと思います。

他人事ではなく、いつ会社を辞めざるを得なくなるかわからない時代です。

何らかの理由で住宅ローンの返済が出来なくなったらどうなるのか、、、考えたら恐怖心しかないですからね。

家を買うならキャッシュで買おう

住宅ローンで家を買うということは、キャッシュで購入するのに比べ多くお金を支払うことを意味します。

「住宅ローン」=「借金」なので、金融業者に手数料や金利を余分に払わなければならないからです。

不動産価格よりも何百万も何千万も多くお金を払うなんて馬鹿らしいと思うのが普通です。

家を買うのなら借金などせずにキャッシュで買いましょう!

「固定金利」と「変動金利」のどっちが得かという選択肢ではなく、家を買うなら「キャッシュ(現金一括払い)」1択がおすすめですね。

「新築」や「都会」じゃなくてもいいじゃないですか。

中古のマンションで1000万未満の物件など山のようにあります。

会社クビになって、借金返せなくなって、マイホームは競売にかけられ、一家離散。
残った借金を日雇いバイトで長期間返し続けるとか、後悔してもしきれません。

住宅ローンで懐が温まるのは金融機関だけ

「住宅ローンを組んで家を購入する!」

この行動は「苦しむ人(損する人)」と「喜ぶ人(得する人)」を生み出します。

住宅ローンで苦労するのは、ローンを組んだ本人ですね。

大きな金額を借金することになるので、元本とその利息の返済は想像を絶するものになります。

逆に、住宅ローンで得をするのは誰かというと、銀行など金融機関ですね。

住宅ローンで貸し出した元本の回収に加え、利息や諸手数料を払ってもらうことで、利益を得ています。

このご時世、いつ会社をクビになるかわかりません。

会社をクビになって月々の返済が出来なくなったら、家を手放し、多額の借金を背負うことになります。

そんなリスクを背負ってまで、住宅ローンを借りる必要があるという方だけ、借金を検討すればよいのではないでしょうか。

余裕があるなら繰り上げ返済するのがおすすめ

すでに住宅ローンを組んでいる方も多くいると思いますが、もし返済に余裕があるのであれば、繰り上げ返済が本当におすすめです。

借金の期間を短くすることが出来るので、結果的に余分に払わなければならない金額を少なくすることができます。

繰り上げ返済は何回でもできるので、

「ボーナスが入ったら、贅沢せずに繰り上げ返済実施!」

「宝くじで臨時収入が入ったら、迷わずに繰り上げ返済実施!」

と決めておきましょう。

住宅ローンに限った話ではなく「借金は早めに返そう」というごく当たり前の話ですが、念のため。

住宅ローンの返済が難しい場合どうすればいいか

そして、もしも「収入激減して住宅ローンの返済が難しくなってきた」となってしまった場合、家を競売にかけられる前に、早めに家を売る決断をした方が良いです。

競売にかけられると、本当に信じられないほど安い価格で家を手放すことになります。

なので、家を少しでも高く売りたいのであれば、競売だけは絶対に回避した方がいいです、、

参考:こちらのページに家を高く売る方法について簡単に書いていますので、よかったら参考にしてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ